富士物流HPより転載。

これから新設したり改築する道路に関しては、海コンの特車許可が不要になるということ。
行政書士としては仕事が減って若干悲しいですが、運送会社の皆様には朗報ですね。
すでにある道路も一部区間が特車許可不要になるようですが、増トン車みたいな扱いになって、結局窓口申請しないといけないような中途半端な状態になる事だけは避けていただきたいところです。

国際海上コンテナ車(40ft背高)が特殊車両許可なく通行できるようにすることを決めた。海コン車の走行が多く、道路構造の観点から支障のない区間を指定し、その範囲で特車許可を不要とする。通行できる車両は、走行経路や重量を確認できる車両に限定するとともに、通行の安全等を確保する条件を検討することとした。

海コン車の特車許可台数は、直近5年間で1.5倍に増加し、車両総重量40t以下の台数が約7割を占めている。全国で広く通行しているが、港湾や工業団地を発着地とする輸送が約9割と多く、そのうち100㎞以内の通行が約4割と近距離の輸送が多い。そこで、災害・物流ネットワークの新設や改築に適用する道路構造の基準を見直し、海コン車が特車許可なしで通行できる水準まで引き上げることとした。また、供用中の道路では、構造上支障のない区間を限定し、特車許可手続きを不要とする。

災害・物流ネットワークでは、高さ指定道路が約4.9万㎞、重さ指定道路が約6.2万㎞、大型車誘導区間が約3.5万㎞となっており、この範囲内で、特車許可不要の区間を絞り込むこととしている。

https://www.fujibuturyu.co.jp/headlines/180109/01.html